経営権譲渡の前に|ちゃんと給与を支払う!POSで勤怠チェックを徹底化する

ちゃんと給与を支払う!POSで勤怠チェックを徹底化する

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

経営権譲渡の前に

会議

身内で、自身が運営してきた会社を引き継いでくれる人がいない場合は、どうしようか考えてしまいます。年齢も年齢なので、そろそろ引退してゆっくりとしたくても、継ぐ人がいなければ、いろいろと大変です。なぜなら、会社を継ぐ人がいなければ、操業停止をしなければならなくなるでしょう。そんな措置を取ってしまったら、所属しているスタッフは路頭に迷ってしまいます。すんなりと新しい職場を見つけて働く人がいれば、年齢的にも再就職が難しくて収入が途絶えて苦労してしまう人もいます。一度、会社を自身で立ち上げた以上、スタッフのことをどうしようかを考えるのが重要です。今まで、会社のために働いてきたスタッフを路頭に迷わせるような事態から回避するためには、会社売却という選択肢が有効です。会社売却なら、スタッフを路頭に迷わせる可能性を低くできるので、事業者に多大な負担をかけることが少なくなります。心おきなくビジネスから引退をしたいなら、会社売却の措置を利用するのが最適です。

会社売却を利用する場合は、適当に引き継ぎ先の企業を探さない方がいいです。なぜなら、会社売却は経営権も引き継ぎ先に渡してしまうので、人事のことは一切口出しできなくなります。譲渡後だと、社員がリストラされたという憂き目にあってしまっても、救いようがありません。会社売却先で適切なところは、経営権譲渡前にちゃんとスタッフを守るための条件を設定して聞き入れてくれる企業を見つけるが最適です。